「FNSうたの夏まつり」に思うこと

正直な感想を言ってしまうと「もっとコラボがみたい!」となります。

実際にコラボの場面はたくさんあったのだと思います。けれど以前に見た玉置浩二さんと他の歌手が組む時のあの立ち上る緊張感とか、同じCXの伝説の深夜番組「僕らの音楽」での薬師丸ひろ子×松任谷由美の「どうなっちゃうんだ??」というワクワク感が少し感じられなかったかなぁ・・・などと感じました。

夏歌100選もランキング形式で最後まで盛り上げて、171曲目は夏歌ランキング第一位、サザンオールスターズの「TSUNAMI」で締めくくる!そんな演出の方がすっきり見終れたのかなぁ・・・とも勝手に思っています。

最近ではレギュラーの音楽番組が減少し、逆に大型特番が組まれる傾向が強いですね。ここ10年くらいはFNS歌謡祭=コラボ=「見たい!」で独走だったCX、この素敵なコンテンツの発見でで他の追随を許さなかったはずです。

この2期の編成時期は他社も一生懸命音楽特番をブラッシュアップしてきています。だからこそ私たちが見たいコラボのノウハウ全開のFNS歌謡祭を期待してしまいます。

「JUJU×松任谷由美」で「リフレインが叫んでる」とか、

石井竜也×ジェームス小野田×山本リンダ」で「どうにも止まらない」、

郷ひろみ×来生たかお」の「Good bay day」

などなど、、、ぜひ見てみたいコラボ目白押し!年末には是非お願いします。

FNS歌謡祭、応援してます!