読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お昼に「バイキング」をみて一緒に討論した気なる主婦

最近、お昼ご飯を食べながらフジテレビの「バイキング」を視聴しています。「笑っていいとも」が終了して番組が始まったばかりの頃は出演者もグダグダで、こちらも見慣れないということもありつまらなく感じていたのですが、このごろ面白く感じています。曜日ごとのコーナーも定着したし、各曜日のレギュラーもいい意味で好き放題言っているので楽しいです。整形にはまった人や節約主婦、稼ぐ主婦、借金を抱えた人、公園の禁止事項に怒っている人などテーマにあわせて一般人が登場し激論する内容にも興味がもてます。そうだそうだと共感したり、節約術や副業を知り私もやってみようと実践にいたったものもいくつかあります。主婦の喜びそうなものにテーマが絞られているようなので、主婦である私はまんまとその戦略にはまったのかもしれません。家にいる主婦は介護や小さい子どものお世話、または一人だったりと、そばに共感してもらえる相手がいない場合が多いので、この番組をみながら一緒になってイラッとしたりスカッとしたり感情の起伏を楽しむのだと思います。少なくとも私はそうです。「ライオンのごきげんよう」が最終回を迎えてからは「バイキング」の番組内にライオンが提供するコーナーが入り、その分放送時間が長くなったので出演者が多いこの番組でより討論がしやすくなった気がします。白熱トークの合間にライオンのコーナーが入るのでそこで一息ついて、また後半戦に激論。私は寂しい平日の主婦のひとときを、この番組の討論に参加した気になって怒ったり笑ったりして過ごします。